左/「パーティプラン」1人3500円(写真の例)シェフの気まぐれカプリチョーザサラダ、バッファローチキンウィング、BBQポーク、チーズ入り雑穀ライスコロッケ、さくさくトルティーヤピザ、自家製トマトソースの生パスタなどの8品。
右/「プチパーティプラン」1人2000円(写真の例)摘みたてベビーリーフのシーザーサラダ、雑穀トマトライスコロッケ、ナチョス、BBQポーク、おすすめピザもしくはパスタの5品。

『ソトコト』がプロデュースし、東京の武蔵野大学有明キャンパス内にある『ロハスカフェARIAKE』。有機豆乳や玄米を使った「身体にやさしいイタリアンTEXMEX」のファストカジュアルのカフェテリアだ。ランチ・カフェタイムだけでなく、授業を終えた学生や仕事帰りの会社員などでにぎわうディナータイムのメニューも充実している。

生地に玄米を練り込んだ「さくさくトルティーヤピザ」や、「チーズ入り雑穀ライスコロッケ」、もちもち食感の「自家製トマトソースの生パスタ」など8品が並ぶパーティプランは、1人3500円。ピザかパスタが選べて、5品をいただけるプチパーティプランは、なんと1人2000円。リーズナブルで、ボリューム満点のディナーメニューをぜひ味わってほしい。

瓶ビール、ワイン、焼酎、ソフトドリンクが飲み放題のコースは1500円。

また、「さくさくトルティーヤピザ」は、ディナー限定のメニュー。注文を受けてから生地を延ばして焼くというこだわりのピザは、パリッとした食感とトマトの甘さがひきたつ一品だ。テラス席でお台場の観覧車の夜景を眺めながら、ビールと一緒にいただく、なんていうのもいいかもしれない。ドリンクのメニューも、ディナータイムは飲み放題のコースを用意。前日までに予約をすれば1人1500円で、ビールやワインなどのアルコール類や種類豊富なソフトドリンクが飲み放題になる。

『ロハスカフェARIAKE』は、6月から、日曜日も営業を開始する(18時ラストオーダー)。武蔵野大学の学生がゼミの懇親会やイベントに利用したり、仕事仲間同士での貸切利用をするなど、ソーシャルなコミュニティスペースとして活用されようとしている。

※前日までに要予約。2時間制。
※各プランとも、4名からの受付となります。
※プラン、飲み放題コースの内容は変更になることもあります。

※この記事は月刊『ソトコト』2012年7月号に掲載されたものです。

※内容はソトコト掲載当時のものです。商品や価格、サービス等変更がある場合があります。ご利用の際は店舗にてお問い合わせください。

戻る