「銀座24丁目シリーズ」の玄米フィナンシェ、オーガニックチョコのブラウニーなど。250円〜。

東京・有明の武蔵野大学・有明キャンパス内にある『ロハスカフェARIAKE』。オープンから4か月、最近のカフェタイムは、学生だけでなく、近所に住む親子連れやスーツ姿の会社員などが多く利用しているようだ。その過ごし方はそれぞれ。店内で読書をしたり、家族連れでやってきてテラスでお茶をしながら、子どもたちは近くの芝生で元気よく遊んでいたりと、ほのぼのとしたシーンをよく見かける。

そんなカフェタイムにおすすめしたい「アロエとアプリコット入りライムゼリー」は、みずみずしい食感のアロエと香り豊かなアプリコットが入った、ライムの酸味がさわやかなゼリー。ローヤルゼリーも配合された贅沢なスイーツだ。玄米フィナンシェや玄米茶プリンなどが人気の、東京・銀座の菓子店『銀座菓楽』とコラボレーションした「銀座24丁目シリーズ」の新商品。まだまだ厳しい暑さのなかで、さっぱりとした新しいデザートを味わってみては?

左/「IZEE」は、アップル、ブラックベリー、クレメンタイン、ピーチの4種類の味がある。各480円。右/「アロエとアプリコット入りライムゼリー」315円。

また、すっきりとした後味のドリンクメニューにも注目したい。ロハス発祥の地、アメリカ・ボールダー生まれのオーガニックスパークリングジュース「IZEE」は、オーガニック100%でさわやかな味もさることながら、パッケージデザインのかわいらしさで、女性に人気のドリンクだ。テイクアウトもできるので、「IZEE」の瓶を片手に有明界隈を散策も楽しいかもしれない。

暑い夏は、『ロハスカフェARIAKE』で、ひんやりさっぱりカフェタイムはいかがでしょう。

※この記事は月刊『ソトコト』2012年9月号に掲載されたものです。

※内容はソトコト掲載当時のものです。商品や価格、サービス等変更がある場合があります。ご利用の際は店舗にてお問い合わせください。

※記事内で紹介しているイベントは終了しています。予めご了承ください。

戻る