大型スクリーンで、ハイボールやビールを片手にサッカー観戦も!

東京・有明の武蔵野大学・有明キャンパス内にある『ロハスカフェARIAKE』。学生さんたちの夏休み期間中にメニューを研究し、さらに充実した新しいランチメニューが誕生した。

「フライドチキンバーガー」は、ジューシーな鶏肉に米粉が入った衣をつけて揚げてあり、衣はカリカリ、中は肉汁たっぷりという食感が楽しめる。玄米粉を練りこんだバンズのモチモチ食感も、特筆すべきポイントだ。

上/「フライドチキンバーガー」700円。下/初の魚介系メニュー「炙りマグロのせサラダプレート」700円。

「炙りマグロのせサラダプレート」は、新鮮なビンチョウマグロをゆず醤油に漬け込み、オニオンスライスと西洋わさびでさっぱりと味付け。これを、たっぷり野菜と16穀米でいただく。ボリュームもしっかりあって、ヘルシーなので、女性客を中心に人気があるそうだ。

新メニューは、ほかにも健康な豚の証し・SPF豚を使用した「BBQポークプレート」や「グリルチキンプレート」、スパイシーでさっぱりとした「トマトジンジャーカレー」など、魅力的なプレートが並ぶ。ボリューム面を考慮したという新メニュー。サラダもたくさん入った栄養バランスも抜群の一皿で、値段は650〜700円! 価格も味も大満足の内容だ。

さらに、9月からは大型スクリーンを導入し、イベントで映像を流したり、テレビ放送も観ることができるようになった。「フライドチキンバーガー」を片手にみんなでスポーツ観戦も? 10月にはブライダルイベントも行われ、この大型スクリーンが活躍する予定。ソーシャルなコミュニティスペースとしても、さらに盛り上がる『ロハスカフェARIAKE』。みんなで美味しく楽しい“食欲の秋”を過ごしましょう!

※この記事は月刊『ソトコト』2012年10月号に掲載されたものです。

※内容はソトコト掲載当時のものです。商品や価格、サービス等変更がある場合があります。ご利用の際は店舗にてお問い合わせください。

戻る