ケーキカットをする新郎と新婦。おめでとうございます!

東京・有明の武蔵野大学・有明キャンパス内にある『ロハスカフェARIAKE』。10月の吉日、結婚式の二次会が行われた。

この日のおめでたいパーティの主役は、新郎の高橋市太郎さんと新婦の美雪さん。近くで式を上げ、そのまま二次会にすぐ来られるようにと『ロハスカフェARIAKE』を会場に選んだそうだ。

上/「ライスコロッケ」や「米粉のフライドチキン」など、お料理も好評でした。下/ウェディングケーキは持ち込みも可能。

たくさんの祝福の声を受けながら、高砂席に着く二人。その横のテラスも開放され、たくさんの人が新郎と新婦を囲んで、楽しく談笑していた。「お店のアットホームな雰囲気がいい。歩き回れる広さでいろんな人と話ができました」とか、「若者が集いやすいおしゃれな感じがします」などという参列者の声も聞かれ、会場の印象も上々のよう。

最後には、新郎が「友達や職場の人、いろんな人がこの場所でつながってもらい、仲良くなってもらって、これからも一緒に何かできたらいいなと思っています」と挨拶し、歓声や拍手のなか、会は終了した。

『ロハスカフェARIAKE』が多くの人のつながりを生む、ソーシャルな場として発揮した今回のウェディングパーティ。ぜひ、多くの人に体験してもらいたい幸せいっぱいのパーティでした。

※この記事は月刊『ソトコト』2012年12月号に掲載されたものです。

※内容はソトコト掲載当時のものです。商品や価格、サービス等変更がある場合があります。ご利用の際は店舗にてお問い合わせください。

戻る