東京・有明の武蔵野大学・有明キャンパス内にある『ロハスカフェARIAKE』。店内の棚の一角に小さな水耕栽培キットが設置されているのをご存じだろうか? これは、株式会社『アイ・エム・エー植物LABO』のご協力により置いているもので、ミックスハーブ、ベビーリーフ、バジルなどの葉物野菜がすくすくと育っている。

レジの近くに置いてあるライトアップした葉物は目立つようで、お客さんからも訪ねられることも多いそう。この可愛いキットが店内での新たなコミュニケーションを生んでいるようだ。『ロハスカフェARIAKE』では、今後このような水耕栽培キットの数を少しずつ増やし、お店で出している料理やスイーツに添える新鮮なイタリアンパセリやミントを自給できるように検討しているという。

「この間来た時より大きくなってる!」という常連のお客さんの声もあるそうで、すっかりお店になくてはならない存在になっている水耕栽培キット。お食事やティータイムの際に、ぜひ観察してみてほしい。

※この記事は月刊『ソトコト』2013年4月号に掲載されたものです。

※内容はソトコト掲載当時のものです。商品や価格、サービス等変更がある場合があります。ご利用の際は店舗にてお問い合わせください。

戻る