上から、マリナーラ(800円)、彩り野菜のバジルピザ(1000円)、ゴルゴンゾーラのピザ(1200円)。

東京・有明の武蔵野大学内にある『ロハスカフェARIAKE』。17時からはじまるディナータイムの人気メニュー、熱々のピザを紹介しよう。

自家製トマトソースにハーブのオレガノで香りづけをした「マリナーラ」。なんと、この自家製トマトソースは5時間もかけて煮込むそうで、このカフェの要の食材といえる。また、パプリカ、ナス、ズッキーニが入った「彩り野菜のバジルピザ」は、ごろっと入った野菜の食感を楽しめるうえに、ヘルシーなところも嬉しい。締めは「ゴルゴンゾーラのピザ」をおすすめしたい。香り高いゴルゴンザーラチーズをそのまま味わってもらうのもいいが、ハチミツとの相性もいいため、デザートピザとしても楽しめる。

ピザの生地にはぞれぞれ、玄米粉が入っているのでもちもちの食感。一皿8切れで提供されるので、テーブルを囲んでみんなでシェアできるのもピザのいいところ。

親しい友人や大切なあの人と、特製ピザで素敵なひと時を過ごしてみては。

※この記事は月刊『ソトコト』2015年2月号に掲載されたものです。

※内容はソトコト掲載当時のものです。商品や価格、サービス等変更がある場合があります。ご利用の際は店舗にてお問い合わせください。

戻る