東京・有明の武蔵野大学内にある『ロハスカフェARIAKE』。店長・足立恵介さんが考案したオリジナルのにんじんジュースが、ファーマーズマーケットに登場した。会場は東京都昭島市で開催されている「GO TO LOCAL MARKETS」。毎週第2・4日曜日に開催されている。

「訪れた人たちは、健康意識の高い人が多くて驚きました。お母さんが子どもにと5本まとめて買って帰ったり、若い人がジュースの原料について質問してきたり。高齢者の方も海外の方も、みんな興味を持ってくれました」と足立さん。試飲も実施し、「砂糖が入っていないんですよ」と言って手渡すと、飲んだ人は野菜本来の甘さにびっくりしたそうだ。

にんじんジュースは、新潟県・津南高原の雪下にんじんと、塩、レモンのみでできていて、保存料は不使用。武蔵野大学内にあるカフェで販売しており、都内のレストランやバー、名古屋のカフェにも卸している。今後は、「GO TO LOCAL MARKETS」にも月に一度の頻度で出店する予定だ。

※この記事は月刊『ソトコト』2017年10月号に掲載されたものです。

※内容はソトコト掲載当時のものです。商品や価格、サービス等変更がある場合があります。ご利用の際は店舗にてお問い合わせください。

戻る